虫に鳥にも

読んだものと日々の記録。

みんなつかれて

 今まで職場の人目につかない席で自由を謳歌していたが、隣に管理職?が来てから、さすがに堂々とブログを書くわけにもいかなくなった。管理職というか、私の中ではハンコを押す人である。他の部署からも、「あの人、何してるの」と訊かれる謎人事。いい人なんだけど、実際、本当にいい人だったら、あんなポジションは堪えられまい。最初は、会社も大変なんだなと思っていたけど、最近ではむしろ、この会社、案外余裕があるんだなー(棒)と思うようにすらなった。

 堂々とサボることはできないので、仕事ははかどるが、はかどりすぎて今や暇である。毎日、今日も給料以上に働いちゃったな、と思いながら帰る。残業しない、仕事は早くて正確、空いた時間で人の手伝いまでしちゃう、意見は言うが文句は言わない、給料低い。ほんと低コスト高パフォーマンスだわ。だからできるだけ省エネでいたい。

 とばっちりを受けてまで新入社員を上司の威圧から守る気力も、もうない。いや、気の毒だなと思って多少はフォローするんだけど、心のどこかではどうでもいいなとも思っているので、半端なフォローになってしまう。なんとなれば、すでに2人くらい、つかれて辞めてしまった人を見ているので、むなしい気持ちもあるからだ。そして給料のことを思うたび、私がそこまでせんでも、という結論に至る。会社に長くいる人ほど、気づかないふりがうまくなる。みんなつかれている。