虫に鳥にも

読んだもの、見聞きしたものの記録に。

ベーシックインカムの社会実験

 今朝、出勤しながらスマホを眺めていたら、目に飛び込んできたこの記事。

 

www.businessinsider.jp

 

 Y Combinator というアメリカの会社が、3000人を対象にベーシックインカムの実験を行う予定であるとの内容です。

同社は3000人の参加者を2つの州から集め、彼らを2つのグループに分ける。最初のグループの1000人は、最大5年にわたって、月1000ドル(約11万円)を受け取る。2つめのグループの2000人、実験では「コントロール・グループ」と呼ぶ2000人は、月に50ドルを受け取る。

 日本では、行政でも民間でも、こんな実験はできそうもありません。もし、するとなったら応募しますけどね! 11万×12ヶ月×5年=660万円。奨学金が返せる~。月50ドル(5000円くらい)だと…なんも変わらんかな(笑) 

 人は月11万円が自動的に手に入る生活で、仕事のモチベーションを保ち続けていられるのか、怠け者になるのか。11万円は、それだけで生きていくには不十分ですが、仕事のない人が餓死することはなくなるし、低所得者層を文化的な生活へと押し上げることができます。はたして、それが、その人の人生を豊かにするのか、堕落させてしまうのかは、試してみないと分からないことです。

 また、制度としてベーシックインカムを成立させるには、一人ひとりに与えられる金額以上の生産性が、社会全体で得られなければなりません。短期的にみれば、貧困がなくなり、消費が増えること、長期的にみれば、非婚化・晩婚化・少子化が改善されることです。あるいは、そんなライフスタイルに縛られることなく生きる道を選ぶこともできるようになります。ばりばり働きたい人が、結婚はしないけれども、ハウスキーパーを雇ったりすることもできるでしょう。もちろん、11万円あれば、働かずに暮らしたいという人もいるはず。しかし、それが可能であれば、「お金にならないけれども、やりたいことがある」という人の暮らしを、最低限、支えることもできるのです。物価はだいぶ上がるでしょうけどね。

 お金があればな、なんて、誰もが夢みることですが…。結果をみるのが楽しみであり、こわくもある実験です。そもそも、この実験がよい結果をもたらしたとして、ベーシックインカムの有効性が確認されたとしても、実現させるには、一番最初の莫大な予算をどこからか拠出しなければならない(または、将来の収益を見込んで赤字が拡大する)という問題があります。何歳からが支給の対象となるのか、とかね。基本的には、全年齢に、無条件で一律に、という考え方のようですが、そうなると……1億2000万人×11万円×12ヶ月=うわあああああああああって感じです。日本で11万円は非現実的かな。5万円でもいいや。