虫に鳥にも

読んだもの、見聞きしたものの記録に。

ピーター・ラビット展に行ってきた

     ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

 

 グランフロント大阪で開催中のピーター・ラビット展に行ってきました。思ったよりも展示数が多くて充実しています。グッズも豊富でピーターに貢いでしまった…。開催情報は公式HPへ(ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展)。このHPを見るだけでもかわいいです。

 

▼「ピーター・ラビットのおはなし」

 シリーズの絵本で、3冊1セットになっているものが3つ、つまり9冊ぐらい実家にあったと思うのですが、最初のピーターのお話が子どもの頃の私にはやけに怖くて、実はろくに読んだことがありません(畑の野菜を食べたピーターを、畑の持ち主のおっさんが追いかけるというストーリー。捕まったらお父さんのようにパイにされちゃうかもしれないので、かなりハラハラする)

  あれって、登場人物(動物)も結構多くて、それも小さい私にはハードルでした。だって、しょっぱなから「フロプシー」「モプシー」「カトンテール」「ピーター」という4匹の名前が出てくるんですから…。

 

▼ピーターのかわいさ

 あのかわいさって、妙にデフォルメされていない、リアルな質感の動物が、服を着て生活を営んでいるというところにあるんじゃないかなと思います。

 ピーターの絵本といえば、今まで彩色されたものしか見たことがなかったのですが、この展覧会では白黒の線画をたくさん見ることができました。線画のほうが際立つ、すごい画力です。

 もともとは作者であるビアトリクス・ポターが、知人の少年に手紙で描いた物語で、それをもとに私家版(自費出版)の絵本を出版しました。このときは線画のみです。のちに、これに彩色したものが刊行されました。

 公式サイトの「見どころ」のページ(見どころ | ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展)では、線画と水彩画の画像を見ることができます。水彩画もきれいですが、線画では、少ない線で動物の質感を捉え、背景もしっかり描写されているのがわかります。めっちゃデッサンうまいんだろうなって感じです。

 

ビアトリクス・ポター

 今まで作家の名前を認識したこともなかったのですが、彼女自身の人生も興味深いものでした。なんといっても多才な女性ですね。作家としてだけでなく、関連商品を商標登録したり、農場を経営したり、羊のブリーダーとして評価されたり。かなり知的な、かつ挑戦を恐れない、優秀な実業家だったのではないかと思います。このあたりのことも展覧会では焦点をあてられています。