虫に鳥にも

読んだもの、見聞きしたものの記録に。

山田尚子監督『聲の形』(2016)感想

映画 聲の形 オリジナル・サウンドトラック a shape of light[形態A]

 前回観たのが『君の名は。』だったせいか、最初は絵に少しだけ違和感(枚数とか、動きとか、画面がキラキラしてない感じ)がありましたが、しばらくすれば気にならなくなりました。時期が時期だけに比較してしまいますが、ストーリーの起伏とか、完成度としては『君の名は。』のほうが強さがあって、ひとつの映画としてピシッとしている。でも、個人的に感情は『聲の形』のほうにより動かされて、石田くんと西宮さん、ふたりのラブストーリーとしても、すごくきゅんきゅんしました。それはやはりキャラクターの強さに由来するものだと思う。

 といっても、私は障がい者との接点もなければ、いじめたり、いじめられたりという過去もない。だからこそなんの屈託もなく楽しめたのかもしれません。でも、ぼっちなせいか、人ってあんなに簡単につながるものなのかな、とも思いました。

 とくに良かったのが、ユヅルや永束くんのキャラクターと声。いずれも、すごく台詞回しの上手な声優さんでした。それから音楽もよかったです。サントラ欲しいくらい。

 難点はラストの絵面でしょうか。石田くんが涙をぬぐう動きがめっちゃ気持ち悪かったですね。個人的には、川井さんの性格(というか、たち)の悪さも、非常にもやもやしました。そういう人物として描かれているので、ああいうの、いそうだなあというのが、けっこう心に痛いのかもしれません。