虫に鳥にも

読んだものと日々の記録。

四柱神社

 初詣といえばいつも、とりあえず町の神社には行くのだが、もっと近くに地域の神社があることを知り、初めてお参りした。生まれて30年、一度も行ったことのない神社だ。

 坂道の下に車を置いて山の上まで登るのだが、これが坂道というより山道、獣道で、何度も足が滑りかけた。足元にはどんぐりや椎の実がばらばらと落ちていた。まだ町が炭鉱で栄えていた時代、母が幼い折は、露店なんかも出て賑わっていたらしい。途中に一度、ひらけた広場があって、隅に追いやられた遊具が錆ついて草むらに埋もれていたのが、往事の名残りかもしれない。

 境内といっていいのかどうか、もしかしたらそこに至るまでの獣道も境内だったのかもしれないが、山の上のひらけた敷地はほんの5メートル四方程度で、本殿もなく、鳥居と、四つの石のほこらがあるだけだった。四柱(よはしら)神社というらしい。

 ほこらは飾り気のない、本当に石の柱のような形だった。とはいえ、ただの柱ではなく、前面は石のとびらで閉じられており、その中にご神体があるだろうことを想像させた。さびれた雰囲気とは裏腹に、意外にも四つのほこらそれぞれにお神酒や榊、みかん、小銭がお供えされていた。正月にあわせて準備やお参りする地元の人間が、まだかろうじて残っているらしい。

 立看板や説明書きもなかったので、後日、四柱神社について調べてみたが、とくにめぼしい情報は得られなかった。長野県に同じ名前の神社があるらしく、天之御中主神高皇産霊神神皇産霊神天照大神を祀っているようだが、さすがにそんな大層な神社の分社ではないだろう。図書館で町の郷土史をひもとけば、何か記述があったのだろうか。いったい何を祀っている神社なのかは、結局、わからずじまいだ。

 

大型連休は死活問題

 ちょうど丸3年間、Excelで収入の記録を付けている。その頃から副業の収入がある程度入るようになり、確定申告や奨学金猶予の申請上、年収を把握しておく必要があったからだ(それ以前は将来の見通しもなく、お金のことを考えるのがつらかった)。

 その3年間の記録を振り返ってみると、2016年→2017年で約15万円、2017年→2018年で約18万円、年収がアップしている。単純に計算して、2年前より月々の収入が2万7500円も増えたことになる。私のような吹けば飛ぶ非正規雇用労働者にしては、頑張ったほうではないだろうか。待っていても増えるものではないので、副業を増やしたり、時給交渉をしたり、それなりにできることはしてきたように思う。

 年末に雇用形態が変わり、時給から月給制になったので、来年の年収が今年の年収を上回るのはほぼ確定している。基本給は低いものの、今後は祝日を恨まずにすむし、賞与の額も増えるだろう。特に大型連休による収入減は死活問題だったから、この年末年始やGWの10連休を思い悩まずにすむことは、涙が出そうなほどうれしい。

 

 ローソンで「悪魔のおにぎり」というやつを買ってみた。天かす・青のり・天つゆを混ぜ込んだおにぎりだ。このパッケージに描かれたタヌキのしっぽもしましまだった。九州では「たぬきそば」とか「たぬきうどん」ってあまり見かけないのでピンとこなかったが、天かすを載せたものをたぬきというらしい(それってただのうどん/そばでは……?)。学食では天かすが載せ放題だったけど、あれってたぬきだったんだなあ。

 

タヌキのしっぽはしましまじゃない

 部屋に小さいガジュマルを置いているが、本当にガジュマルかと疑わしいほど葉が少なく、ひょろひょろしている。心配になって触ってみて、根腐れしているらしいことに気がついた。幹の土に埋まっている部分がふかふかしている。ガジュマルは頑丈だというから、しばらく水をあげずに春を待って、暖かくなったら太陽の光をたっぷり浴びせようと思う。何とか冬を越してくれるよう信じるしかない。

 それにしてもショックだ。私は多肉植物もすぐ駄目にしてしまう。ガジュマルは、ひょろひょろながらも数年もっているので、確かに丈夫なんだろう。私のような杜撰な人間のところにもらわれてしまって、この子たちが気の毒でもある。自分で水を浴びたり、ひなたに移動してくれるならいいんだけど。

 それでも、花屋さんでかわいい植木鉢に入ったもさもさのガジュマルを見ると、欲しいな、と思ってしまう。欲しいなと思いながらも、自分のほっそりしたガジュマルへの引け目があるから買うことはない。横に並べたら申し訳なくて直視できなくなりそう。うちのガジュマル、このまま駄目になってしまったらどうしよう……。緑の手を持つ人に半年ぐらい預かってもらえたらいいのに。

 

 京都の書店に行くと、京都を舞台にした軽めの本(いわゆる新文芸?)が表のほうに並んでいることがある。先日、そこにタヌキの絵が描かれた表紙を見かけたのだが、そのタヌキのしっぽが縞模様だったことがずっと気になっている。タヌキで検索して出てきた参考画像がアライグマだったのかもしれない。