読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虫に鳥にも

読んだもの、見聞きしたものの記録に。

ピーター・ラビット展に行ってきた

美術展

     ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

 

 グランフロント大阪で開催中のピーター・ラビット展に行ってきました。思ったよりも展示数が多くて充実しています。グッズも豊富でピーターに貢いでしまった…。開催情報は公式HPへ(ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展)。このHPを見るだけでもかわいいです。

 

▼「ピーター・ラビットのおはなし」

 シリーズの絵本で、3冊1セットになっているものが3つ、つまり9冊ぐらい実家にあったと思うのですが、最初のピーターのお話が子どもの頃の私にはやけに怖くて、実はろくに読んだことがありません(畑の野菜を食べたピーターを、畑の持ち主のおっさんが追いかけるというストーリー。捕まったらお父さんのようにパイにされちゃうかもしれないので、かなりハラハラする)

  あれって、登場人物(動物)も結構多くて、それも小さい私にはハードルでした。だって、しょっぱなから「フロプシー」「モプシー」「カトンテール」「ピーター」という4匹の名前が出てくるんですから…。

 

▼ピーターのかわいさ

 あのかわいさって、妙にデフォルメされていない、リアルな質感の動物が、服を着て生活を営んでいるというところにあるんじゃないかなと思います。

 ピーターの絵本といえば、今まで彩色されたものしか見たことがなかったのですが、この展覧会では白黒の線画をたくさん見ることができました。線画のほうが際立つ、すごい画力です。

 もともとは作者であるビアトリクス・ポターが、知人の少年に手紙で描いた物語で、それをもとに私家版(自費出版)の絵本を出版しました。このときは線画のみです。のちに、これに彩色したものが刊行されました。

 公式サイトの「見どころ」のページ(見どころ | ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展)では、線画と水彩画の画像を見ることができます。水彩画もきれいですが、線画では、少ない線で動物の質感を捉え、背景もしっかり描写されているのがわかります。めっちゃデッサンうまいんだろうなって感じです。

 

ビアトリクス・ポター

 今まで作家の名前を認識したこともなかったのですが、彼女自身の人生も興味深いものでした。なんといっても多才な女性ですね。作家としてだけでなく、関連商品を商標登録したり、農場を経営したり、羊のブリーダーとして評価されたり。かなり知的な、かつ挑戦を恐れない、優秀な実業家だったのではないかと思います。このあたりのことも展覧会では焦点をあてられています。

 

 

デイミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』(2016)感想

映画・テレビ

映画 ラ・ラ・ランド ポスター 42x30cm La La Land ララランド ライアン ゴズリング エマ ストーン [並行輸入品]

 

▼主演男優

 ライアン・コズリングといえば、私の中では『ドライブ』(2011年)だ。すごくカッコイイって雑誌に書いてあったので、DVDを借りて観たことがある。率直にいって面白くはなかったけれど、やけに強烈な印象に残る作品で、ライアン・コズリング演じるドライバーの、こいつヤバいなって感じとか、彼の着ている背中にサソリの刺繍が入ったクッソダサいジャケットとか、エレベーターの中のヒロインとのキスと、男の顔を踏み潰すシーンとか、ところどころ、忘れられないでいる。

 ライアン・コズリングは、たぶんイケメンって感じではないけれど、知的にも見え、紳士にも見えて、反面、なんだか頭が弱そうにも、優柔不断そうにも見える。それが全部あわさって、なんとなくヤバい人なのでは?っていう雰囲気がある。つまりサイコパスのような(単にこれは『ドライブ』の印象が強いだけかもしれない)。『ラ・ラ・ランド』でも、どこかそういう感じはある。優し気なまなざしと、何を考えているのか分からない表情には、狂気みたいなものがうっすら漂うのに、どうあがいても情けなさそうに見えるのが、なんだか不思議な味わい。映画の前半は相変わらずのクッソダサい格好で、そのせいで時代設定がいまいち分からなかった。

 

▼主演女優

  エマ・ストーンの何が際立つかというと、白い肌だった。衣裳も色鮮やかで、背中が大きくあいたものが多く、肌との対比を強調したものだった。さらにいえば、周囲の女性の配役も、つまり肌の色合いも、エマ・ストーンが一番輝くように選ばれていたと思う。この映画は、映像の編集に頼らない、舞台のような演出方法をとっているので、スローモーションも、ストップモーションも人の動きで演じるし、照明を一人にあてて周りを暗くしたりする。そうした演出上、エマ・ストーンの肌の白さは、たとえ均等に照明があてられていても彼女にスポットライトがあたっているかのように画面に浮かび上がる。白い肌、鮮やかな衣装。どこにいても彼女がヒロインだ、という感じがする。

 

▼その他

 歌とダンスの割合は、そんなに多くない気がする。ミュージカルとしてはオープニングが一番の盛り上がりかも。主演ふたりは、とても美しい声だけれども、舞台で歌うような声の太さがあるようでもないし、踊っているときも真剣そのものって感じだったから。それでも観たあとに踊りたくなるのは(この感想は世界中で何百万回と言われているだろうけど)、2人の男女の心躍るような恋があるからかもしれない。

 個人的に好きなシーンは、セブ(ライアン)がミア(エマ)の実家に押し掛けたとき、「なぜここが?」と聞くミアに対して「図書館の前だ」と答えたところ。2人の関係がいったん壊れたタイミングで、まだ2人の恋が始まるかどうかの頃のミアの話(家の前に図書館がある)をセブが覚えていたと分かるシーンだ。とても粋な演出だと思う。

 ミアがプリウスを走らせて実家に戻るシーンなんかも、プリウスのコマーシャルみたいで美しかった。

 

おみくじは大吉と凶でした

あいさつ

 地元の神社で引いたおみくじは大吉で、お財布にしまいこんだ。京都に戻ってきて八坂で引いたおみくじは凶だった。別にどうしようもないくらいの悪いことが書いてあるのでもなく、うまくいくが調子になるな、という内容だった。待ち人も遅れるが来るらしいし、失せ物も出る。もちろん、これは境内で結んできた。毎年、おみくじには、身を慎め、と言われている気がする。

 

 慎まなければならないほど遊んではいない。ただ、慎まなければならないほど怠け者だ。私は今、あっちこっちに仕事を抱えていて、そのうちの一つは荷が重いと感じている。そのせいで、他の仕事まで億劫になった。なんとかやっつけているけれど、きょうは眠い。これは私の自己管理の至らなさでしかない。もはや掃除も洗濯も、ご飯をつくるのも億劫だ。実のところ、そこまで忙しいはずはないのに。物理的には。本当に不可能なら、引き受けたりはしない。

 

 こうして久しぶりにブログを更新しているけれど、昨年末から文通の返事も滞っているし、せめて、いただきもののお礼の葉書ぐらいは出しておくべきなのだけれども、そういうものこそ心の余裕のあるときに書きたくて、便箋だけ用意して、まだ手を付けられずにいる。

 

 もともとは、こういうとりとめのないことを書く予定のブログではないんだけど。日記的なものは、どうせ後から読み返したときに堪えられなくなって消すだろう。今年は身の回りや私自身も、動く感じがする。身近な人が職場を離れるし、私ももしかしたら違う場所へ行くかもしれない。昨年の目標は全然、達成できなかったので、今年の抱負は書かないでおく。ただ、うまく動けばいいなって思う。

 

 今年もよろしくお願いします。